管理栄養士、栄養士の転職で起こる悩み助けます。仕事お悩み解決

管理栄養士、栄養士の仕事の悩み解決します

ここでは管理栄養士と栄養士が転職する際に初めての職場であれば分からない事がたくさんあります。

そんな転職や復職をした際に出てくる職場での悩み、対応などを解決できるサイトです。
 
  • クリニック
  • 社員食堂
  • 保育園、幼稚園
  • 保健所
  • 企業

など新しい職についたときに参考にして下さい。

 

委託会社の栄養士の情報収集の術


直営の栄養士はおらず、栄養士は委託栄養士の自分1人のみ。他のスタッフは調理師職員1名、調理員パート2名の4名。
 
月に1度、管轄事業部(県外)の栄養衛生課開催の勉強会に参加しており、基本的な給食管理の書類について説明を受け、学習している。
勉強会で病院給食月報についての説明を受けたが、事業部で教わった書類は自分が配属されている県の書式とは異なっていた。
職場に栄養士は自分1人のみで、相談できる相手がいない。

続きはコチラ
 

インフルエンザや風邪の従業員が出た時の対処方法


毎年寒くなってくると頭を悩ませるのがインフルエンザや風邪の流行ですよね。インフルエンザや風邪にかからないように予防するのはもちろん大切です。
しかし、従業員さんがインフルエンザや風邪にかかってしまったときはどうしたらよいのでしょうか?

続きはコチら
 

栄養指導内容と入院中の病院食の内容の乖離


教育入院患者の栄養指導に於いて、糖尿病食品交換表の使用法についての説明をしている。
教育入院患者より
「たらは100gで1単位、鮭は60gで1単位と指導を受けたが、どの魚が出てもいつも同じ大きさに思えるけれど、他の食材で何か調整がしてあるのですか?表3の単位は特に不足しているように思える」
と問い合わせが看護師を通じてあった。

続きはコチラ
 

 

栄養指導日に血液検査の結果が出ていない場合


個人経営のクリニックで、血液検査が院内検査になっており、HbA1c等検査項目によっては院外に出すため当日結果が出ないものがある。
栄養指導の際、患者様から
「今月は酒を半分に減らしていたから、きっとよくなっているだろうという自信がある。結果はどうなっていますか?これで先生にもがみがみ怒られないと思う」
等と言われることも多いが、オンタイムで結果が出ていない為、患者様の申告に対してタイムリーに評価し辛い。

続きはコチラ
 

複数の栄養士がスムーズに情報共有する為に


ベテラン栄養士は主に計数会議や委員会等の管理業務に従事しており、栄養指導やNST業務、給食管理業務は殆ど自分に一任されていた。
今まで自分1人、もしくは時折応援に入るベテラン栄養士のみが情報共有できていれば良かった為、申し送りも口頭や簡単なメモだけで十分行えていたのが、複数の栄養士で関わることとなり、周知徹底が難しくなってきている。

続きはコチラ
 

事務管理下の栄養課を診療部門もしくは独立部門に・・・


組織的に栄養部門が独立しておらず、栄養士は事務の管理下である。また、先輩栄養士も不在であり、献立や発注等の給食管理業務について分からないことがあっても上司が事務長ということもあり、教わることはできない。


続きはコチラ



参考サイト 管理栄養士に関することは

管理栄養士、栄養士の求人サイトは求人プロ